交通事故に合った後、どのように対処するかによってその症状は大きく変わります。
そこで、交通事故の後遺症を防ぐためのポイントをご紹介いたします。

交通事故直後には

交通事故に合った場合、意識があればまず「どこに痛みを感じるか」、「出血はあるか」など自分の体のケガの具合をチェックしましょう。
出血があれば止血の処置を行うことが最優先です。

もし激痛がある場合には、骨折や脱臼をしている可能性もありますので、痛みのある箇所に腫れや内出血がないかを確認し、痛みのある部分を出来る限り動かさないようにしましょう。

警察の聴取や実況見分などの処理が終わったら、できるだけ早めに病院や交通事故の治療を受けられる治療院を受診するようにしましょう。

落ち着いた頃にセルフチェックを

事故の直後は興奮状態になりやすく、痛みやケガの程度を正確に判断するのが難しいこともあります。
病院を受診して以上がないと言われても、時間が経ってから症状が出ることもありますので、気になる症状があれば再度病院や治療院を受診するようにしましょう。
チェックする時には、次のような項目を参考にして下さい。

・体のだるさが抜けない
・首を動かすと痛い
・朝起きた時の頭痛
・患部が熱を持っている
・湿布で痛みがひかない

我慢しないで

交通事故の治療を行う際、いちばん大切なことは無理や我慢をしないということです。
はじめは小さな痛みでも、時間が経つと症状が重くなることもありますし、長引いてしまうこともあります。
なので、痛みや違和感を感じた時には無理をせずに早めに治療院などに相談して、適切な処置を受けるようにしましょう。