妊娠中は赤ちゃんを育て産むために身体が大きく変化します。
その中で腰や股関節周りに痛みや違和感を感じたり、肩こりが重くなることもあるようです。
そこで、ここでは妊娠中でも受けることのできる整骨院での治療についてご紹介します。

妊娠中でも整骨院に行っていいの?

妊娠中の施術は整骨院によっては行えないこともあります。
まずは自分の通いやすい範囲に妊娠中でも通うことのできる整骨院があるかどうか調べてみましょう。
また、予約や問い合わせの際には、必ず妊娠中であることや妊娠週数を伝えるようにしましょう。

マタニティ専用のメニューを用意している整骨院もあります。
妊娠中の肩こりや腰痛だけでなく、妊娠中から身体を整えておくことでお産が自然に進むように助けることが出来ます。

受けられる時期

妊娠中に治療を受けられる時期に厳密な決まりはありませんが、妊娠初期と出産予定日が近い時期には避けたほうが良いでしょう。

妊娠初期は胎盤がまだ出来上がっていない時期なので、強い刺激を受けると流産になってしまう可能性もあります。
なので、だいたい妊娠16週以降の安定期に入ってからのほうが安心です。

安定期だからといって誰でも治療を受けられるわけではありません。
妊娠の進み方や体調などは個人差もありますので、まずはかかりつけの産婦人科で治療を受けても良いかどうか相談してみてくだい。
また、その日の体調などとも相談しながら決めるようにしましょう。

注意点

妊娠痛に大切なことはママも赤ちゃんも健康に過ごすことです。
治療を受けている途中で体勢が苦しかったりきつかったリルときにはすぐに伝えましょう。
また、妊娠中は体調も変わりやすいので、治療の途中で体調が悪くなったときなどにはすぐに中止するようにしましょう。