突然首を動かせないほどの痛みや鈍痛を感じることも有る「頚椎椎間板ヘルニア」ですが、重度になると手や下半身のしびれ、歩行障害などの症状も出ることがあります。
そこで、頚椎椎間板ヘルニアを防ぐためにも、まずはその原因を知っておきましょう。

頚椎椎間板ヘルニアとは

背骨のうち首の部分にある7つを「頚椎」と言います。
それぞれの頚椎の間にありクッションの役割をしている椎間板が何らかの原因で飛び出した状態を「頸椎椎間板ヘルニア」と言い、後ろにある脊髄や神経が圧迫されることで痛みやしびれなどの症状が現れます。

頚椎椎間板ヘルニアの原因

頚椎椎間板ヘルニアの原因は、腰椎椎間板ヘルニアの原因と基本的には同じです。
主な原因としては「加齢」と「外的要因」があります。

【加齢】

椎間板の老化は20歳過ぎから始まると言われています。
椎間板は人間の体の中でも早い内から老化が始まる部分で、老化が進むと水分が少なくなって弾力が失われていきます。
40歳を過ぎた頃から特に加齢による椎間板っヘルニアの発症率は高まると言われており、骨粗しょう症などがあると、骨のもろさも加わって更に発症しやすくなると言われています。

【外的要因】

頚椎椎間板ヘルニアの原因は加齢だけでなく、打撲や外傷などの外的要因によって発症することもあります。
重い頭を支えている首には常に大きな負担がかかっており、更に力が加わることでじょじょに症状が進行していくことがあります。
また、事故やスポーツでの衝突など、急激な力が加わることによって悪化することもあり、むちうちなどが頚椎椎間板ヘルニアにつながることもあるようです。