頚椎椎間板ヘルニアは主に首や肩に症状が現れますが、どのような症状を感じるのかや症状の現れる場所には個人差が大きくそれぞれです。
そこで、ここでは頚椎椎間板ヘルニアの症状についてまとめてご紹介いたしますので、参考にしてみて下さい。

頚椎椎間板ヘルニアの症状

椎間板は髄核の周りを線維輪が取り囲んでいますが、何かしらの原因によってこの線維輪が破れてしまうことによって、髄核が飛び出してしまうことことを「椎間板ヘルニア」と言い、炎症を起こし様々な症状が起こります。
この椎間板ヘルニアが首に発生したものを「頚椎椎間板ヘルニア」と言い、頸椎椎間板ヘルニアの症状はその部位によって変わります。

症状の進行は大きく4つに分けられ、悪化するに連れてその症状は全身に影響を与えるようになります。
症状の進行は次のように進んでいくのが一般的です。

【1.首・肩】
首の痛みや肩こり、背中の痛み、胸の前部の痛み

【2.腕・手】
腕のだるさやしびれ、手のしびれ、てのむくみ、腕の痛み

【3.頭・顔】
頭痛、目の奥の痛み、耳鳴り、めまい、後頭部の痛み、ふらつく感じ

【4.下半身】
脚のしびれ、脚のつっぱり、失禁、歩行障害

寝違えと間違えやすい

一般的に頚椎椎間板ヘルニアの症状の初期には、寝違えたような痛みが数日間続き、その後手や肩に激しい痛みを感じることが多いようです。
この痛みは2〜3週間ほど続き、鈍い痛みやしびれが残ることがあります。
症状は数週間〜数ヶ月ほど続くこともあります。

しかし、両手にしびれや感覚異常が現れ細かい作業などが難しく感じることもあります。
この場合には足先のしびれや歩行障害などの症状が現れることもあり、数日程度で一気に症状が進行する事があるようです。