腱鞘炎とは

最近腱鞘炎で悩んでいる方は多いようです。デスクワークやPC、スマホを扱う時間が多い現代では、腱鞘炎になりやすい環境といってもいいかもしれません。
そもそも腱鞘炎とは、過度に指や手首を使っていると、そこの筋肉が炎症し、腫れてしまいます。その腫れた部分から痛みを発症します。

腱鞘炎はまず、違和感を感じます。そこから痛みのある箇所に負担がかかると、若干の痛みを生じます。
そこからだんだんと痛みの強さが増してきて最終的には関節が痛みで曲げられなくなります。

整骨院での治療法

整骨院ではマッサージが出来ませんので、基本的には骨を調整するすることで治していきます。
姿勢を正し肘や指の関節を調整し、悪い所を調整致します。
なぜなら腱鞘炎は普段の姿勢や体の使い方が負担となり、指などの痛みに繋がっていると考えられます。

ただ整骨院では主に、痛みの箇所だけではなく、体全体で考えますので全体をチェックして最終的に患部を治していく方法をとっている所が多いと思います。
腱鞘炎は自分でもマッサージをすることで痛みを軽減することが出来ますので、なるべく自分でもマッサージをして軽減することをオススメします。
腱鞘炎で悩んでいる人は一度整骨院で診てもらってはどうでしょうか。