「骨盤が歪んでいると身体に不調が出やすい」と聞いた事がありませんか?
普通に生活していても歪んでしまう事がある骨盤ですが、最も大きく歪みやすいのが妊娠・出産時なんです。
そこで、ここでは妊娠・出産の際の骨盤についてご紹介いたします。

骨盤の歪み

骨盤は真ん中にある「仙骨」と両サイドに一つずつの「寛骨」の3つの骨でできていて、関節でつながっています。
その関節の中で代表的なのが「仙腸関節」というものです。
この関節はほとんど動かず、大きく動いても数ミリ程度だと言われています。

なので骨盤自体が歪んでいるわけではなく、骨盤全体が傾いている状態なのです。
骨盤全体が歪んでいる原因は、股関節や骨盤の上にある腰椎などが考えられるので、整体治療などで矯正してあげることで改善されます。

出産での骨盤の歪み

妊娠・出産の際には、ほとんど動くことがない仙腸関節ですら歪んでしまう個度に大きく動くことがあります。

出産の際には、産道を赤ちゃんが通りやすくする必要があるので、靭帯を緩める働きのある「リラキシン」というホルモンが分泌されます。
そのホルモンの働きで、骨盤に限らず妊娠・出産の際には関節が緩んで動きやすくなってしまい、必要以上に動いてしまうこともあるのです。
今までなんともなかったような作業で、腱鞘炎が起こったり膝に痛みが出たりすることもあります。

産後の治療

リラキシンの働きによって緩んでいた靭帯も、約6ヶ月ほどで元に戻ると言われています。
妊娠・出産で歪んでしまった骨盤も、そのまま放っておくと歪んだ状態で固まってしまうので、産後腰痛に悩まされる方や、産後身体の動きが悪くなったという方も入るようです。

逆に考えると、産後6ヶ月以内であれば骨盤の歪みを改善しやすいということなのです。
なので、できるだけ早めに整骨院などで治療を受けるようにしましょう。