ばね指とは

手や指をよく使う仕事をしている方に多いのが特徴で、更年期の女性、妊娠や出産などで起こる場合もあり、ホルモンバランスの崩れにより発症するといわれています。

主な症状としては、指を伸ばす時にカクカクしてスムーズに動かせなくなったり、痛みや腫れ、熱感が生じ、朝方に症状が強く出る場合があります。
親指、中指、薬指の順になりやすく、指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないようにおさえている靭帯性腱鞘の周囲に炎症が起こります。さらに症状が悪化してしまうと、引っかかりが起きてばね現象が起こり、重度になると指が曲がったままになり、自力で指の曲げ伸ばしができなくなり日常生活に支障がでてしまいます

ばね指の治りは遅い?

ばね指は手や指の使いすぎによる発症が多く、日常生活において、指を全く使わないで過ごすことはほぼ不可能です。
安静にするということが出来ないため、なかなか炎症が引かず、治すのに時間がかかってしまう場合が多いです。

その中でも治るのに時間がかかってしまうのは、親指です。
親指はモノを掴む動作に不可欠な指なので使用頻度が高く、最も治りが遅いといわれています。

仕事上どうしても安静にする事が難しい方は、必要最低限の固定やテーピングを処置する場合もあります。
炎症期や痛みの強い時期を過ぎた後は、腱の滑走や皮膚の動きをつけるようにし、引っかかり感を改善していきます。
痛みを我慢してそのままにしているとどんどん悪化してしまい、最悪の場合、手術をする必要になる事もあります。

指を伸ばしたりする時に、カクカクする感じや伸ばしにくいなどの違和感を感じたら、そのままにしておかずにすぐに整形外科・整体・整骨院で診てもらうようにしましょう。