お腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれて、お母さんのお腹も大きくなっていきますよね。
しかし、喜びを感じると共に多くの方が腰痛に悩んでいます。
赤ちゃんのためにも妊娠中の不安やお悩みが減らしておきたいですよね。
そこで、今回は妊娠中の腰痛の原因や改善方法をご紹介します!

妊婦さんの腰痛の原因

ホルモンの影響

女性は妊娠すると出産に向けて体が準備を始めます。その中で腰痛の原因となるのが妊娠中に分泌される「リラキシン」というホルモンです。
このリラキシンは赤ちゃんが産道をスムーズに通るために、骨盤や靭帯を緩めスペースを作ります。
しかし、出産までは赤ちゃんの体重を支える力が弱いため腰に大きな負担がかかるのです。
また、そうなると体の重心を前に持ってきてしまうので、上半身が反ってしまい骨盤が安定せず腰痛の原因が増えてしまいます。

精神的な影響

初めての出産の方は特に、赤ちゃんの体調や自分の体のことなど不安がたくさんありますよね。
その不安はストレスになり人によっては胃痛が起こるため、その症状が背中の神経を通して腰にまで痛みが伝わることがあるのです。

腰痛の予防・対策

腰が反らないように意識する

妊婦さんはお腹の中に赤ちゃんがいるため、その重さで腰が反ってしまいます。
立っている時は赤ちゃんを後ろに引っ張るイメージで下腹部に力を込めましょう。そうすると背筋が伸びて腰を反らせない立ち方ができます。
歩く時は足ではなく、腰を前に出して歩くようイメージしてみましょう。

立ち上がる時、起き上がる時はゆっくり動く

妊娠中、腰に負担をかけないよう立ち上がる時や、起き上がる時がゆっくりと動くことが重要です。
また、朝起きる時に仰向けで起き上がるのはよくありません。体を横向きの状態で、両手で体を押し上げるイメージで起き上がりましょう。

腰痛は我慢しない

妊娠中の腰痛は妊娠中にケアしておかないと、育児が始まってからは時間がなく腰痛が悪化してしまうことがあります。
また、出産では腰に大きな負担がかかります。最近では妊婦さんにも施術をしてくれる整骨院などもあるので、腰痛が酷く自分ではケアできないという方は一度行ってみると良いかもしれませんね。