子供とその保護者の悩みとして多いのが「運動神経」です。特に、小学生・中学生は体育の時間の運動で思うように体を動かせないと、悩みになってしまいますよね。
そんなお子様の悩みを根本から解決できるのが「ゴールデンエイジ」の時期だけなのです。
ゴールデンエイジとは5歳から12歳までの、運動神経が一番発達する時期のことです。
しかし、子供に運動を強制することはあまり好ましくありませんよね。
そこでおすすめなのが本格的なトレーニングではなく、遊びながら体を動かすということです!

ゴールデンエイジとは

先ほどもお話ししましたが、ゴールデンエイジとは運動神経や身体能力が非常に大きく成長する時期です。
運動をする際の体の動かし方や技術を簡単に身につけることができ、5〜6歳までの間で80%、12歳になると100%運動神経が発達します。
大人になってからではあまり運動神経は変わりませんよね。つまり、将来の運動神経はこの時期にかかっているのです!
また、この時期に身に付けた技術は成長しても変わりません。数年前にスポーツをやめていてもスッと動けるのは、体と脳が感覚を覚えているからです。

ゴールデンエイジの運動は親の接触が重要

そうはいっても最近の子供は体を動かさない遊び、ゲームやパソコンをしている子が多いですよね。
そこで重要なのは親が「体を動かして遊ぶ環境を作ってあげること」です。
中でもおすすめなのが「昔遊び」です。
鬼ごっこ、だるまさんが転んだ、缶蹴り、けんけんぱなどは運動能力を楽しく高めるのに最適とされています。
特にけんけんぱ、竹馬はバランスを保つ力、缶蹴りやだるまさんが転んだは走る力・足を動かし蹴る力・運動時の判断力・体を狙ったところで止める力を高める効果に期待ができます。

こういった動きは将来運動をする際に必要絵とされるテクニックに繋がります。体や脳で覚えるため、スポーツでプロを目指したい子は特に、この時期の運動が重要なのです。
しかし、この運動が子供にとって「強制」にならないことがとても重要です。たくさんの動きに触れあって興味の湧いたスポーツをたくさん行うことが将来の運動神経に繋がります。是非家族で一緒に体を動かし子供の運動神経を高めてあげましょう。