骨盤は、人間の体の中で最も大きい骨である大腿骨と体を支える背骨の間にあり、上半身と下半身をつなぐ重要な役割を果たしています。
上は背骨、下は股関節につながっていて、全身を支える土台だと言えるでしょう。

また、骨盤の内側には生殖器があり、生理や出産が骨盤と深いかかわりがあります。
骨盤はひとつの骨ではなく、仙骨、寛骨、尾骨の三つの骨によって形作られており、その周囲にある筋肉と靱帯が三つの骨を支えています。
そのため、骨盤と骨格・骨盤と臓器のバランスが崩れると、全身の不調につながるのです。では、どんな影響が出てくるのでしょうか。

骨盤がずれる原因は股関節に

骨盤がずれるとは、つなぎ目になっている筋肉や靱帯がゆるみ、骨がずれたり開いたりしてそのまま固まってしまった状態のことを言います。
骨盤がゆがんでしまうと、全身のゆがみとなり、様々な症状が現れてきます。

例えば、骨盤が正しい位置にないと、内臓なども圧迫され、内臓は下腹部に下がってきます。これがぽっこりおなかの原因となります。
また、体重のかかり方のバランスが狂い、O脚やX脚の原因にもなります。

これらに大きく影響しているのが股関節です。股関節周辺の筋肉が落ちると、腰や膝に負担がかかり、膝痛や腰痛、肩こり、背筋痛などの原因になってしまうのです。
構造的に見ると、股関節は骨盤の一部であり、両者を支えている筋肉も重複しています。
つまり股関節の機能が低下すると、骨盤も不安定な状態になり、骨盤の位置がずれたり、脊椎との配列が悪くなるのです。

気を付けたいのは股関節の機能低下

股関節の機能が低下すると、血液やリンパ液の流れも停滞するおそれがあります。
すると腸の働きが悪くなり消化不良や便秘といった症状が考えられます。

下半身の血行が悪くなるので、冷え症なども起こります。
また、リンパ液の流れの滞りは、むくみや疲労、体調不良の原因とも言われています。

骨盤がゆがみ、骨盤と脊椎の配列が悪くなったりすると、腹筋や背筋、体を支える骨格筋に負担がかかり、腰部を中心に筋肉や関節の痛みが生じたり、体全体が疲れやすくなったりします。

股関節周辺のインナーマッスルを強化

症状を改善するためには、すぐにできることとして、できるだけ仰向けの姿勢で眠ることがあります。
俯せや横向きに眠ることが多かったり、片足だけ曲げて眠るのも、骨盤には悪影響。歪んだ姿勢を繰り返し行なうことが、骨盤には一番悪いのです。

重要なことは、股関節周辺のインナーマッスルを強化し、股関節の機能を正常な状態に戻すことです。
これは、毎日23分で股関節の機能が強化できる、「腰割り」を実行するだけでも改善されます。

整骨院では、腰から股関節にかけてのマッサージにより筋肉の柔軟性を高め、さらにストレッチで強化。その後、骨格の矯正を行ないます。
急激な力を加えるのではなく、持続圧で締めていきます。
前後のずれがある場合には、さらにそれに応じた矯正が必要になります。