整形外科、接骨院、整体院、カイロプラクティック院の治療方法の違い•選び方を、むち打ち治療についての比較を通して紹介したいと思います。

1.整形外科

交通事故にあったらまずは整形外科を受診し、首の骨折や脱臼など重篤な障害が隠れていないか検査することが大切です。もし、レントゲン検査の結果、骨折などがなければたとえ首の骨が歪んだとしても「異常なし」とされることがほとんどです。整形外科は「外科=手術」ですから、手術の必要のないむち打ち症は本来得意な分野ではありません。ですから、病院によっては治療らしいことをしてもらえない場合も多いのです。しかし、骨折など重傷のケースは手術になり、これは医師にしかできません。診療時間も早く終わってしまうところが多く、予約制もとっていないため待ち時間も多く、仕事がある方には通院が難しい場合が多いようです。

※自賠責保険はもちろん扱えます。

2.整骨院(接骨院)

検査としては、触診などによるほか病院と提携してレントゲンを撮影しているところもあります。治療法としては投薬の処方ができないこと以外は整形外科とあまり変わりません。電気やマッサージ、首の牽引など筋肉への対症療法が中心です。診療時間は整形外科に比べ遅くまでやっているところが多いですが、予約制でないところが多く待ち時間が長い場合があります。整骨院はもともと「ほねつぎ」といわれ、柔道をしている人たちが骨折や脱臼したときに、応急的に手術によらず無血整復した技術が専門です。ですから、本来は骨が折れたり完全に外れたりした場合の専門なのです。

強いアジャスト(瞬発的な矯正)を加えるところもあり、治療法、治療院選びを慎重にされることをおすすめします。 背骨の矯正はマッサージ以上に、間違ったところを矯正すれば効果がないばかりか悪化さえすることがあります。

※柔道整復師という国家資格があるため、保険内治療に限り自賠責保険が扱えます。ただし、カイロプラクティックや独自の整体などの保険外治療については保険は適用できないので、整骨院の治療方針・技術レベルにより保険の扱いは異なります。電気や牽引・マッサージなどの対症療法は保険が適用できますが、それで満足な方は保険適用の整骨院に通院をお勧めします。保険治療をやったが改善しない方やストレートネックなどの骨の歪みがある方などは、レベルの高い施術者による保険外治療をお勧めします。

3.鍼灸・マッサージ院

あまり知られていませんが、これらも自賠責保険の適用が可能です。しかし、病院や整骨院(接骨院)と大きく異なる点があります。それは、鍼灸・マッサージ師の資格者による施術の場合は、病院や整骨院の場合に比較して、慰謝料が半分くらいしかいただけないということです。施術をお受けになる先生が、医師又は柔道整復師(整骨院の国家資格)であるかを事前に確認することをお勧めします。施術は筋肉へのアプローチを中心として、一時的な血流の改善など効果は認められていますが、骨のズレの改善は見込めません。したがって、対症療法になります。

※慰謝料が半分くらい少なくなりますが、自賠責保険を扱えます。

4.整体院・カイロプラクティック院

施術者の技術レベルの差が最も大きいのが特徴だと思います。検査としては、触診や視診が中心となります。治療は対症療法として筋肉へのマッサージと骨格矯正を併用しているところが多いようです。レントゲンを参考にするところはあまりありません。そのため、骨格矯正の精度を欠く場合が多く、効果のほどは不明です。

※自賠責保険の適用になりません。全額自己負担での施術になるのが欠点です。