スマートフォンの普及、長時間のデスクワークによって、手首を痛める方が急増しています。
「スマホを操作していたら手首が痛くなってきた」となったら、腱鞘炎のサインかもしれません。
腱鞘炎は放っておきますと、手のしびれや関節を変形させる恐れがあります。
悪化させないように、整骨院で治療することがおすすめです。

腱鞘炎とは

指の「腱」をおおう「腱鞘」に起こる炎症のことをいいます。
進行すると「ばね指」と呼ばれる症状が出ることもあり、悪化させないように注意しなければなりません。腱とは、筋肉と骨を繋いでいる結合組織のことです。
筋肉の動きを関節に伝え、腱鞘がバンド状になって腱を支えています。

人間は手の指を動かす際、必ず腱と腱鞘を使用しています。
通常であれば腱はスムーズに稼動し、痛みを伴うことはありません。
しかし、パソコンのキーボードを打つような早い動きを続けていますと、腱と腱鞘は何度もこすれ合います。
その結果、腱と腱鞘が炎症を起こし、スムーズな動きができずに痛みが生じる「腱鞘炎」となるのです。

種類について

1、ばね指
指の腱鞘炎は、「ばね指」とも呼ばれ、主に指の痛み、しびれ、指がこわばるといった症状が現れます。腱鞘炎が悪化すると起こる症状で、指が跳ねるような動きをします。

2、ドケルバン病
手首の親指側に起こる腱鞘炎を「ドケルバン病」といいます。
手首が腫れることで起こり、痛みを引き起こします。

3、テニス肘
上腕骨外側上顆炎のことをテニス肘といいます。
物をつかんで持ち上げたときや、ドアを回す、タオルを絞るなどの動作を行ったとき、激しい痛みを感じる症状です。

腱鞘炎を見極める方法

腱鞘炎を見極める方法があります。

(1)親指を手のひら側に曲げる
(2)親指を隠すように手を握る
(3)手首から手を下へグッと傾ける

この方法で手首の親指側に痛みが生じる場合、手首の腱鞘炎が起こっている可能性が高いです。
親指をまっすぐに伸ばしても痛い場合は、ほかの腱鞘炎と併発していることも多く、テーピングして固定するなどの処置が必要です。

改善方法

腱鞘炎を改善する最も大切なポイントは、とにかく安静にすることです。
外側にできるケガと同様に、内側がケガをしている状態なため、動かさないようにしましょう。

また、腱鞘炎に効果があるといわれている「タンパク質」の摂取をおすすめします。
大豆食品に含まれている「イソフラボン」を摂取して、豊富で良質なタンパク質を取り込むことができます。
例えば納豆、豆腐、豆乳といった比較的入手しやすい食品で構いません。

極力安静にするために、テーピングを巻いて固定することも大切です。
一刻も早く治したいと考えている方は、整骨院でのケアをすることをおすすめします。
整骨院では腱鞘炎のケアを行い、早い段階で腱鞘炎を改善させることができます。