腰の痛みには様々な種類があり、筋筋膜性腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱菅狭窄症・腰椎分離症・すべり症、等々が存在します。

腰の痛みの原因としては、急な動作で筋肉が傷ついたり、腰周辺の筋肉が疲労し、凝り固まってしまっていたりすることが挙げられます。

長時間背骨に負担がかかったり、加齢などの要因により骨が変形してしまったり、病気があったりなど挙げられますが、痛みが発生する詳しい原因はわかっていないのです。

腰の痛みを発生するようになった理由は人間が二足歩行になったことといわれています。
人間は脳の重量が大きく、頭部の重みを全身で支える、二足歩行をしています。
腰部は体の中心となり、あらゆる動きや力を支える基盤となって、その結果、腰には多大な負荷がかかるようになりました。

しかし、腰部は背骨1本でその負荷を受けとめています。
そうなると、必然的に背骨に付着する靭帯や椎間板やその他の軟部組織、筋肉への負担が強くなってしまうのです。

その負荷が積み重なることにより痛みを発生すると考えられる腰の痛みが大半を占めています。
さらには、無理な姿勢での作業の継続や負担が大きい姿勢で強い力を急に出そうとすれば当然腰への負荷は一気に高まり、それまでの負担と相俟ってぎっくり腰を引き起こす可能性も高くなってしまいます。

日常の中で、整骨院などを活用しながら、健康を保つための姿勢や歩行できる筋力を身に付けて行きましょう!

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰では、ふとした瞬間や、急な動作、重い荷物を持とうとしたとき、体を回旋した(捻った)ときなどに、その場にうずくまらなければいけないほどの激痛が走ると言われています。
多くは原因が分からず、やはり非特異的腰痛症と呼ばれることがあります。

勘違いしがちなことですが、ぎっくり腰(急性腰痛症)というのは病名や怪我の名前ではありません。
症状名です。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因としてはこのようなことが言われています。

・重い物を持った
・急に体を捻った
・過体重
・筋肉の疲労
・姿勢不良

しかし、ぎっくり腰を引き起こすきっかけであるが、原因とは言いにくいものや、確かにそうかもしれないけれど科学的根拠に乏しいもの、そもそも関係があるのかすら不明なことなど実はあまり詳しくは分かっていないのです。

対処法

よく腰痛の時には、温める方がいいのか、冷やす方がいいのか、議論されると思います。
腰痛は慢性化しやすく、そうした場合の対処は様々だと思いますが、ぎっくり腰と呼ばれるような急性の怪我の場合にはRICE処置をお勧めします。

REST(安静)
ICING(冷却)
COMPRESSION(圧迫)
ELEVATION(挙上)

これは怪我などをした時などに行われる応急処置の原則と言われるものです。
急性の傷害の場合では、痛みのある部位周辺で炎症が進んでいることが考えられます。

炎症は怪我の回復に不可欠な生理現象ですが、過剰に起こってしまうと回復が遅くなってしまいます。

どんな症状が出るのか

この症状では、まず思いつくのはその場でかたまり、全く動く事ができなくなる状態では無いでしょうか?

・動作を起こすと激痛が走る
・椅子に座れない
・くしゃみや咳をすると痛む
・時間と共に痛みが強くなってくる
・横になる(膝を曲げた状態)と楽になる

一口にぎっくり腰といってもどのような種類の腰痛かによって、治療方法が変わってきます。
原因が特定しづらいことも、ぎっくり腰の根本的予防がはっきりできない要因の一つだと考えられます。
信頼できる診療機関にて診断・治療をしてもらいましょう。

ぎっくり腰は重い荷物を持った時や、急に体を回旋させた時に起こるといわれます。
しかし、重い荷物や、体を回旋させることで毎回ぎっくり腰にはなりません。

その原因ははっきりしていないのですが、やはり筋肉に疲れがたまりその状態から強い負荷がかかることによってぎっくり腰になる場合が多いと考えられます。
日常の生活からいかにその疲労を取り除けるのかということが問題になってきます。

長年治療してもなかなか改善せずに、お悩みの方は、信頼のおける整骨院などにご相談ください。
様々な状態にも対処できる豊富な知識や経験を持った柔道整復師や鍼灸師などの先生方にしっかりと診てもらいましょう。
きっと改善の糸口となると思います。