骨粗鬆症とは、骨が脆くなり骨折しやすくなる病気です。
骨粗鬆症になるとこけた時も衝撃やくしゃみなどほんの小さな衝撃で骨折してしまいます。
一体なぜ骨がもろくなってしまうのでしょうか?
今回は本がもろくなりやすい人の特徴についてお話ししていきます。

骨粗鬆症になりやすい人の特徴

・高齢者
人の体は年齢を重ねると共に機能が低下していきます。
その影響で腸の働きが悪くなり、骨に必要なカルシウムを吸収できなくなってしまいます。

・女性
女性ホルモンには骨の密度を保つ働きがありますが、閉経を迎えると女性ホルモンの分泌量が変わるため、この働きが低下してしまいます。

・無理なダイエットをした人
過度なダイエットをした人は栄養が不足している傾向にあります。
また、骨が完成仕切っていない10代の方がダイエットをすることが多いので骨量が足りないまま閉経を迎え、比較的若い年齢で骨粗鬆症になってしまいます。

・運動不足な人
適度な運動は骨芽細胞を活性化させ、丈夫な骨を作ってくれる働きがあります。運動不足になると骨を作る働きが低下するので、骨粗鬆症になりやすくなってしまいます。

骨粗鬆症に効果的な運動

骨は、負荷をかけると丈夫になり負荷をかけない状態が続くともろくなる性質があります。
そのため、寝たきりの状態が続くことで骨密度が低下し骨折しやすくなってしまいます。

また、運動をすることで転倒に対処できる体になるので、転倒による骨折の予防にも繋がります。

一番効果的なのは「ジャンプする運動」です!
着地する再に衝撃や負荷がかかり、骨密度を高めることができます。
ただ、高齢者の場合は関節を痛めてしまう可能性があるので、注意しながら行いましょう!

若い方は縄跳び、高齢者はスクワットなど年齢や自分の体に合った運動で骨を強化しましょう!
スクワットは膝に程よく負荷をかけるだけでなく、筋力も鍛えてくれるので体全体の健康作りにも効果的です!