足首の捻挫は、どなたでも一度は経験するケガだと思います。
スポーツや運動をしているときに転んだり、足を捻ったりジャンプの着地に失敗した時などに起こる足首の捻挫はスポーツや運動をしている方に起こりやすいケガです。
また、足首の捻挫の種類は大きく分けると2種類あるので、今回は足首の捻挫の種類と治療法についてご紹介していきます。

内返し捻挫

足首が内側を向いて足首の外側を傷めてしまうことです。
この捻挫になる方は圧倒的に多いです。

外返し捻挫

足首が外側を向いて足首の内側を傷めてしまうことです。
この捻挫になる方はほとんどいないと言われています。

足首の捻挫は繰り返しやすいのか

重度の捻挫の場合、1〜2割程度の痛みが残ってしまったり、足で強く踏ん張るなどの動作を行った時に少し不安定な感じが起こる場合があります。この症状を放置してしまうと捻挫の再発のリスクが高くなります。

・靭帯が断裂したままの状態になっている

足首の捻挫によって損傷することが多い部分は、距骨と腓骨をつなぐ全距腓靭帯と、踵骨と腓骨をつなぐ踵腓靭帯ですが、これらの靭帯が緩んだり切れたままの状態になっていると、関節が外れそうになることが繰り返されてしまいます。このような不安定な状態が続くと軟骨が損傷してしまい変形型足関節症になるリスクがあります。この病気は、捻挫による靭帯の損傷により関節がスムーズに動かしにくくなるので、軟骨がすり減って炎症が起きてしまい痛みを生じます。

裂離骨折

成長期の子供は、全距腓靭帯が腓骨の端とつながっている部分がはがれてしまう場合があります。正確には捻挫でなく裂離骨折(軟骨骨折)ですが、X線では見えにくく、骨折が気づかれないことがあるので、疑いがある場合は超音波画像で診てもらうようにしましょう。

リハビリについて

捻挫を起こした時は、応急処置を行い、しばらく安静にします。その後、痛みや腫れが引いたら行っていただきたいのがリハビリです。リハビリを始める時は、症状の程度にもよりますが、医師に診てもらった場合は、超音波画像で診断してもらいましょう。リハビリは、痛みが引いてから行うようにします。捻挫の再発をしないように、衰えた筋肉や足首を守るための筋肉や足首を守るための筋肉トレーニングと、関節や靭帯を硬くしないためのストレッチすることをおすすめします。